> > パナソニック、高光束タイプの直管形LEDランプとベースライトを発売

パナソニック、高光束タイプの直管形LEDランプとベースライトを発売

記事を保存
パナソニック、高光束タイプの直管形LEDランプとベースライトを発売

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、直管形LEDランプの高光束(3400lm)タイプ2品番と、このランプを搭載可能な「直管形LEDランプ搭載ベースライト」124品番を8月20日に発売する。

新タイプのLEDランプは、日本電球工業会による直管形LEDランプの規格(JEL801)に準拠し、安全性に配慮した口金システム(GX16t-5)を採用したもので、価格は16,800円。ベースライトは、起動方式LHタイプで直付型、埋込型など用途に応じた器具スタイルがあり、価格は29,925~155,400円。

新タイプのLEDランプは、同社従来品Hf32形蛍光灯照明器具高出力タイプと比較した場合、ほぼ同等(約90%)の明るさで約27%の省エネが可能。視作業を伴うオフィス・学校・工場など、一定の明るさが求められる空間の省エネリニューアルに最適。

ベースライトは、既発売の1200lm、1400lm、2000lm、2400lmに加え、新たに3400lmの5タイプのランプを揃えることによって、FL20形からHf32形蛍光灯までの幅広い明るさに対応できる。これにより、既発売製品を含む照明器具203品番とランプ16品番の組み合わせが可能となり、直管形LEDランプ搭載ベースライト全体で、合計1,258品番の組み合わせが実現する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.