> > 三菱自動車、日本初 横浜元町商店街にEV専用カーシェアリングシステム導入

三菱自動車、日本初 横浜元町商店街にEV専用カーシェアリングシステム導入

記事を保存
三菱自動車、日本初 横浜元町商店街にEV専用カーシェアリングシステム導入

三菱自動車工業は、協同組合元町SS会、マンション向けに環境ソリューション事業を手がけるオアシスソリューションと共同で、8月1日より元町商店街に「電気自動車(EV)専用カーシェアリングシステム(サービス名称「EVシェアリング」)」を導入する。この取り組みは、横浜市の低炭素社会づくりの趣旨に賛同し、EVシェアリングを新たに展開するもの。

同システムの最大の特徴は、「EV専用に開発したカーシェアリングシステムであること」「商店街主導のEVカーシェアリングであること」で、いずれも日本初。予約の段階から充電時間を考慮した利用や、車両返却時に充電されていなければ警告されるようなEV特有の課題にも対応している。

導入車両は、三菱i-MiEV 1台。利用方法は、元町SS会に所属する店舗会員がパソコンや携帯電話などの端末を通じてインターネット経由で利用日時をリアルタイムに予約。車両貸出しに際しては、元町第一駐車場にカーシェアの貸し出しステーションを設け、予約管理された時間にキーボックスから鍵を取り出し、使用後にキーボックスに返却するシステムを採用。将来的に電動バイクや電動アシスト自転車などのシェアへの拡張性も備えている。

同商店街にEVシェアリングを導入する意義については「店舗会員の利便性向上」「商店街のブランド力を活用し、地球環境問題に対する積極的な取り組みをアピールすること」「災害時の対応可能性の広がり」が挙げられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.