> > 南部アフリカにおけるレアメタル鉱山開発に向けたインフラ輸出可能性調査を実施

南部アフリカにおけるレアメタル鉱山開発に向けたインフラ輸出可能性調査を実施

記事を保存

プライスウォーターハウスクーパースは、日本の先端産業に利用される鉱物資源の安定的確保に取り組む資源エネルギー庁の業務委託を受け、主に南部アフリカ4カ国(モザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)において、レアメタル鉱山開発をパッケージとして盛り込んだ、日本のインフラ・システムの輸出促進に向けた可能性調査・分析を、今年1月から3月にかけて現地で実施し、その結果を発表した。

南部アフリカ4カ国におけるPwC(PricewaterhouseCoopers)の現地法人と連携して行った同調査では、レアメタル産出状況、鉱山開発の動向と今後の開発計画、海外企業の参画状況に加え、各国の輸送インフラの整備状況などについて、文献・資料による情報収集、現地でのインタビューやヒアリング、現地視察などを行った。その結果、日本がレアメタル鉱山開発をパッケージとして盛り込んだインフラ・システムの輸出を促進するにあたり、各国に共通してみられる主要な課題として、以下のものが浮かび上がった。

・現地のインフラは道路網・鉄道網・電力の領域において課題が多く、特に鉄道や電力については大幅な改善が必要な状態にある。
 ・調査対象国では既にインフラに関するプロジェクトが他国の援助や支援によって実施されているため、より効果的かつ差別化された支援が必要である。
 ・現地では、いわゆる道路・鉄道などのハード面の支援だけでなく、埋蔵量の調査や技術者の教育などソフト面での支援を求めているところが多く、また、海外諸国からみた南部アフリカの課題もインフラのみにとどまらず、資金調達手段の確保や手続きの透明性などに大きな問題があるとみている。
 ・現地では、日本の技術力や資本力に対する期待が非常に高い一方で、中国などの新興国と比べ、官民とも出遅れ感が強く、官民挙げてのより強い推進体制が必要となっている。
 ・現地のニーズは必ずしも、レアメタル運搬のためのインフラ整備ではなく、貧困層や社会全体のための政策支援の位置づけであることがほとんどであり、政策面の段階から現地のニーズと日本とのニーズや利害関係をうまく一致させることが重要である。

レアメタルは、その資源の多くが世界のごく一部の地域に偏在しており、安定供給確保のための地域的なポートフォリオ確立は、産業立国・技術立国である日本の重要な政策の一部だと考えられている。南部アフリカ地域は、中国やロシアに次ぐレアメタル埋蔵地域と見られており、今後さらにその注目度、重要度は上昇するものと見込まれる。

プライスウォーターハウスクーパースは、今後もPwCのグローバルネットワークとの協力関係をより強化し、日本の産業力強化と経済的な発展に帰する資源の安定的確保に対し、支援を継続していく考えだ。

なお、プライスウォーターハウスクーパースは、ディールアドバイザリーとコンサルティングを提供する国内最大規模のコンサルティングファーム。PwC Japanは、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、及びそれらの関連会社の総称。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.