> > 三菱自、ガリバーと業務提携、EV「i-MiEV」等を店舗で取り扱い開始

三菱自、ガリバーと業務提携、EV「i-MiEV」等を店舗で取り扱い開始

記事を保存
三菱自、ガリバーと業務提携、EV「i-MiEV」等を店舗で取り扱い開始

三菱自動車工業は、中古販売大手のガリバーインターナショナルは業務提携し、ガリバーの東京都・神奈川県の10店舗にて、同社の電気自動車(EV)「i-MiEV」「MINICAB-MiEV」の紹介販売を8月4日から10月31日の期間で実施すると発表した。今後、取り扱い店舗の拡大についても検討していく予定。

三菱自動車は、EVの認知拡大、販売促進のため、家電量販店のヤマダ電機やビッグカメラ、TV通販のジャパネットたかたなど、系列販売会社以外でのEVの取り扱いに関する業務提携を行っている。中古車販売事業店との提携は今回が初めて。年間60万人以上に及ぶ乗り換えユーザーとの接点があるガリバーとの協業を通じて、EVの拡販を図る。なお、本紹介販売に関する覚書は、両社と関東三菱自動車販売を含めた3社で締結した。

ガリバーは1994年の創業以来、中古車の買取事業を中核として、本部一括査定をすることで、全国一律価格での買い取りに注力してきた。近年では小売事業を強化し、ユーザーが中古車を安心して購入できるよう、保証の拡充など品質向上に取り組んでいる。また、EVなどのエコカーの登場による市場の変化を想定し、新車・中古車に限らず、ユーザーがあらゆる選択肢の中から車選びを行うことができるよう品揃えを拡充し、大型展示場など小売事業に特化したチャネル展開も進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.