> > 大阪ガス・積水ハウス、燃料電池・太陽電池・蓄電池を導入した住宅の居住実験で年間88%節電

大阪ガス・積水ハウス、燃料電池・太陽電池・蓄電池を導入した住宅の居住実験で年間88%節電

記事を保存
大阪ガス・積水ハウス、燃料電池・太陽電池・蓄電池を導入した住宅の居住実験で年間88%節電

大阪ガスと積水ハウスは、共同で実施している「スマートエネルギーハウス」の居住実験において、3電池(燃料電池・太陽電池・蓄電池)の最適制御の導入により、年間-88%の節電、-103%のCO2排出量削減、-31万円の光熱費削減効果を実証したと発表した。3電池を備えた実験住宅で実際に1年以上居住し、効果検証を行ったのは国内初となる。

「スマートエネルギーハウス」の居住実験は、平成23年2月より実施。今回の居住実験では、3電池の最適制御の導入に加えて、通風や採光制御を取り入れた自動制御の実居住条件下での評価を行い、住宅における快適性や節電効果のさらなる向上の可能性についても確認を行った。

今後は、居住実験終了予定月の平成26年3月まで、これまで実証を重ねてきた3電池最適制御方法のさらなる改善や、EVを含めた3電池の組み合わせ運用に関する検討を進めると共に、実証用家庭向エネルギーマネージメントシステム(HEMS)の開発や、さらに快適な住空間創造へ向けた検証などに取り組んでいく計画だ。両社は、この実験を通じて、平成27年までに実用レベルまでの技術開発を完了させ、「スマートエネルギーハウス」の早期市場導入を目指す。

今回の居住実験では、燃料電池のさらなる高効率な利用を可能とする独自の蓄電池の制御方法を導入し、居住者の快適性を損なわずに省エネ効果や節電効果を最大化するための検証を重ねてきた。その結果、1年間(平成23年7月1日から平成24年6月30日)を通して住宅における購入電力やCO2排出量を大幅に削減することに成功した。具体的には、3電池を導入しない場合と比較し、年間を通じて、購入電力を4,830kWhから584kWhへと約88%削減、CO2排出量については、年間排出量4,770kgから年間排出量-137kgへと、約103%の削減(※)を実現した。また、経済性(ランニングコスト)についても、電気代とガス代を合わせた光熱費については約21万円の支出から約10万円の収入へと約31万円の削減を達成した。

また、通風や採光制御を取り入れた自動制御の実居住条件下での評価では、快適な住空間の創造を目的に、「夏期における屋外からの涼風の利用促進」や「冬期の日射利用促進」のため、通風ファンや電動シャッター/カーテンの制御を行い、導入効果を検証した。その結果、夏期におけるナイトパージ(外気温が低下する夕方から夜間にかけて外気を取り込む手法)による室温低下や、冬期における日射の積極的な利用による床・窓面の温度上昇など、居住者の快適性向上につながる効果を確認した。

「スマートエネルギーハウス」とは、天然ガスを利用して発電し、同時に発生する熱も有効利用できる家庭用コージェネレーションシステムと太陽電池を組み合わせた「ダブル発電」に、さらに蓄電池を組み合わせ、情報技術を駆使して、電気と熱を賢く(スマートに)「創る・貯める・使う」ことにより、快適で環境にやさしい暮らしとエネルギーの安定供給を両立させる住宅のことをいう。

※CO2排出量原単位:0.69kg-CO2/kWh(電気)、2.29kg-CO2 /m3(ガス)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.