> > 日本初 太陽光・風力発電対応 多用途に使える複合電池式非常用蓄電池発売

日本初 太陽光・風力発電対応 多用途に使える複合電池式非常用蓄電池発売

記事を保存
日本初 太陽光・風力発電対応 多用途に使える複合電池式非常用蓄電池発売

ラブロスは、家庭用冷蔵庫や車、農機具のスターター電源など多用途に使える日本初の複合電池式非常用蓄電池「エレクトロマジック・ハイブリッドEP-600」を8月6日より発売する。

同商品は、スーパーキャパシタ(大容量コンデンサ)、リチウムイオン、鉛電池を組み合わせた複合電池方式の新機軸な非常用蓄電池。蓄電容量は700Wでありながら瞬間最大出力1,200Wを備えているのが特長で、電動機駆動の家電製品などにも使用可能。また、DC12ボルト端子を装備しているため、車や農機具のスターター電源としても利用できる。さらに、太陽光発電や風力発電に接続できる充電端子も備えている。価格は12万5,000円。年間2,000台の販売を見込んでいる。

本体はポータブルタイプで、設置面積が少ない省スペース設計。充電残量は、LEDインジケーターに5段階で表示される。出力端子は、電気製品用2個と、車のスターター用電源1個。充電端子は、家庭電源用とeco充電用1個を備えている。

オプションとして、太陽光発電システムと風力発電システムがある。価格は、両システムに制御コントローラー1台のセットで39万6,000円。太陽光発電システムは9万8,000円、風力発電システムは37万8,000円でそれぞれに制御コントローラー1台が含まれる。

なお、同商品使用による家電商品の目安となる利用時間は、以下の通り。
「家庭用冷蔵庫」2~10時間(50~300W)
「テレビ」5~6時間(100~130W)
「LEDスタンド」20~50時間(5~10W)
「ノートパソコン」30時間(20~30W)
「デスクトップパソコン」6~8時間(50~150W)
「扇風機」10時間(30~50W)
「FAX/電話」10時間(50~60W)
「カーボンヒーター/電気こたつ」2時間(200~300W)

用途は、次の通り。一般家庭(冷蔵庫、照明器具など)、会社・個人事務所(パソコン、コピー・FAX機、照明器具など)、小規模医院(ワクチンなどの薬剤保冷庫、照明器具など)、ペット・熱帯魚ショップ(エアーポンプ、照明器具など)、老人ホーム・介護施設(電動式リクライニングベット、扇風機・空気清浄機、照明器具など)、各種工事現場(電動工具、照明器具など)、工場(メンテナンス用各種電動工具、照明器具など)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.