> > 伊藤忠、災害対策向けに医療用・一般用可搬型大容量電池

伊藤忠、災害対策向けに医療用・一般用可搬型大容量電池

 印刷 記事を保存

伊藤忠商事は、電力不安及び災害対策に対応した可搬型大容量電池の販売を開始する。用途別に一般ユーザー向けと医療機関向けの2モデルをラインナップした。企業、コンビニ、マンションへの販売を開始し、病院・クリニック等にも並行して販売していく予定で、今年度で500台の販売を見込む。

本商品は同社が市場ニーズをもとに企画し、開発製造は保護回路大手の韓国のNexcon Technologyが行った。Nexcon Technologyは、リチウムイオン電池システムのキーデバイスの一つである保護回路で世界トップシェア。

本商品は、コンパクト(幅27cm×奥行33㎝×高さ44cm)で可搬性の高い筐体に2.2KW時の電池容量を有する。これにより、32インチテレビで15時間の視聴、スマートフォン・携帯電話なら140時間の充電が可能で、冷蔵庫を稼働させることもできる。重量は25kgで、これは同じ電池容量比較で業界最小、最軽量。車に載せて運ぶこともできるため、停電時等に停電地域に本商品を持ち込み、電力を確保するなどの新たな使い方が可能となる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.