> > 芝浦グループ、福岡県みやま市に21MWのメガソーラー、炭鉱跡地を活用

芝浦グループ、福岡県みやま市に21MWのメガソーラー、炭鉱跡地を活用

 印刷 記事を保存

芝浦グループホールディングスは、福岡県みやま市の炭鉱跡地を活用し、出力規模21.8MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。本事業は、同HDが九州地区で展開しているメガソーラー事業の第7弾となる。8月11日に地鎮祭を行った後、着工する予定で、3月の竣工を目指す。

メガソーラーの名称は、「九州ソーラーファーム7みやま発電所」。同HDは、8月6日、福岡県みやま市と本事業に関する「メガソーラー進出協定調印式」を執り行った。本事業では、有明炭鉱跡地(敷地面積330,594㎡)に約7万5200枚の太陽光パネルを設置し、出力規模21.8MWの発電所を建設する。年間予測発電量は2,330万kWhを見込む。みやま市では、民有地の有明炭鉱跡地(54ha)と、高柳にある市有地(約9.5ha)を候補地として、メガソーラーの誘致を進めてきた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.