> > 東レ、世界初 環境に優しい「生分解性微多孔フィルム」を開発

東レ、世界初 環境に優しい「生分解性微多孔フィルム」を開発

 印刷 記事を保存

東レは、透湿性と防水性を合わせ持ちながら生分解性のある「微多孔ポリ乳酸フィルム」の開発に成功したと発表した。農業用マルチフィルムや紙おむつ・生理用品などの生活資材向けに、大きく拡大が期待できる新素材として、2014年までのなるべく早期に生産技術の確立を目指す。

透湿・防水性のあるフィルムは、農作物の保温や雑草抑制などに効果のある農業用マルチフィルム、紙おむつ・生理用品などのヘルスケア用途、使い捨てカイロなどの包装用途をはじめ、日常のさまざまな場面で利用されている。従来は、主に「微多孔ポリエチレンフィルム」が使用されていたが、廃棄物処理問題や環境負荷低減の観点から、生分解可能なポリマーへの置き換えが切望されていた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.