> > 東レ、世界初 環境に優しい「生分解性微多孔フィルム」を開発

東レ、世界初 環境に優しい「生分解性微多孔フィルム」を開発

記事を保存

東レは、透湿性と防水性を合わせ持ちながら生分解性のある「微多孔ポリ乳酸フィルム」の開発に成功したと発表した。農業用マルチフィルムや紙おむつ・生理用品などの生活資材向けに、大きく拡大が期待できる新素材として、2014年までのなるべく早期に生産技術の確立を目指す。

透湿・防水性のあるフィルムは、農作物の保温や雑草抑制などに効果のある農業用マルチフィルム、紙おむつ・生理用品などのヘルスケア用途、使い捨てカイロなどの包装用途をはじめ、日常のさまざまな場面で利用されている。従来は、主に「微多孔ポリエチレンフィルム」が使用されていたが、廃棄物処理問題や環境負荷低減の観点から、生分解可能なポリマーへの置き換えが切望されていた。

代表的な生分解ポリマーとしては「ポリ乳酸」が挙げられる。ポリ乳酸は、トウモロコシなどの植物のでんぷんから合成されるバイオマスかつ生分解性のポリマー。植物が原料であるため、化石資源の使用量の低減や二酸化炭素の排出抑制に役立つ。

今回、同社は、長年培ってきたフィルム製造技術に独自の高分子技術、粒子分散技術を融合させることにより、乾式法による「貫通孔」を有した生分解性微多孔ポリ乳酸フィルムの創出に世界で初めて成功した。

同技術は、微細粒子、新規ポリマー、フィルム製造条件などを選ぶことで、目的とする貫通孔の孔径、密度を制御することができるため、顧客の要望に応じた透湿・防水性能を提供することが可能。

今回開発された微多孔ポリ乳酸フィルムは、構成する全てのポリマーが生分解性を有するとともに、バイオマス性が高いため、持続可能な循環型社会の発展に向けて大きく貢献するものと考えられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.