> > トヨタ、10月から釜石市と共同でオンデマンドバスシステムの実証実験を実施

トヨタ、10月から釜石市と共同でオンデマンドバスシステムの実証実験を実施

記事を保存
トヨタ、10月から釜石市と共同でオンデマンドバスシステムの実証実験を実施

トヨタ自動車は、東日本大震災で被災した岩手県釜石市地域の仮設住宅地と同市市街部を結ぶ新たな交通機関として、利用者の予約に応じて運行する「オンデマンドバスシステム」の実証実験を釜石市と共同で10月から開始すると発表した。

オンデマンドバスは、利用者の要求に対応して運行する形態の交通機関で、電話等による利用者の乗降地点や乗降時刻の希望に応じて、希望乗車地点へ迎えに行く経路で運行する乗り合い交通。本実証実験では、一般交通の便が悪い仮設住宅地において、乗客需要に応じた柔軟な運行を行い、また復興に伴って変化する街の交通事情にも追従できるシステムの構築を目指す。同社はオンデマンドバスの運行のベースとなる「オンデマンド交通システム」の提供を行い、釜石市は、所有する小型バスを使用し、本システムを活用したオンデマンドバスの運行を行う予定。

実証実験期間は、2012年10月から2015年3月まで。運行地域は釜石市の北部と市街部の区間を計画している。同社は本システムを他の地域にも展開し、交通の不便な地域での生活の改善の実現を目指す。

同社は、昨年6月、東日本大震災で被災した地域の支援活動の継続的推進を目的に「ココロハコブプロジェクト」を発足させた。今回の「オンデマンド交通システム」提供は、この一環と位置付けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.