> > いすゞ、低公害型大型路線バス「エルガハイブリッド」を発売

いすゞ、低公害型大型路線バス「エルガハイブリッド」を発売

記事を保存

いすゞ自動車は、低公害型大型路線バス「エルガハイブリッド」を全国一斉発売した。同車は、モーターによるエンジンのアシストや減速時の効率的なエネルギー回生を通じた省燃費走行と、低CO2・低排出ガスを両立した低公害車。「経済・環境・安全技術を重視したいすゞSEEテクノロジー」を基本コンセプトに、低CO2化による温暖化防止、環境への対応、省燃費などの経済性向上、乗客の安全性向上といった市場を取り巻くニーズに対応したもの。

同車は、優れた環境性能の7.8リットル6HK1-TCCディーゼルエンジンを搭載し、「平成27年度重量車燃費基準」を10%過達、低排出ガス車認定の取得により100%の免税となるとともに、九都県市低公害車指定制度の平成21年基準「優」低公害車に適合している。また、重量車モード燃費はクラストップレベルの4.9km/Lを達成している。目標販売台数は年間100台。東京地区における価格は30,448,950円(消費税込)。

主な商品特長は以下の通り。

(1)パラレル式ハイブリッドシステム
・エンジンとモーターを併用し必要に応じて使い分け、エネルギー効率が高く環境性能に優れたパラレル方式を採用。
・発進時はモーターのみでの走行が可能で、加速時にモーター特性を活かしてトルクアシストを行うとともに、減速時にはモーターがジェネレーター(発電機)となり、制動エネルギーを電力として回収する。
・回生・トルクアシストの両方のモードを効果的に活用させることで特にストップ&ゴーの多い大型路線バスにとって効率的にエネルギーを使用する。

(2)高入出力・大容量のリチウムイオンバッテリー
・長寿命で充放電効率に優れるリチウムイオンバッテリーを採用。

(3)6速AMT(自動変速式マニュアルトランスミッション)の採用
・効率的なシフト変速の制御により省燃費走行を実現します。また2ペダル方式の自動変速機により、ドライバーの操作性を向上し運転時の疲労を軽減させる。
・発進時、減速した後の再加速時のエネルギー効率を向上させるとともに低騒音を実現。
・減速時にクラッチを断接することで減速エネルギーを最大限に回収する。

(4)安全性能
・本年7月から施行されたシートおよびシートベルトに関する保安基準の改正に適合させるとともに、同時に適用される新ワンマンバス構造要件にも適合させている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.