> > 低速EVは2.6倍、電動トラック・バスは4.2倍、20年世界市場を予測

低速EVは2.6倍、電動トラック・バスは4.2倍、20年世界市場を予測

 印刷 記事を保存

総合マーケティング会社の富士経済は、2012年2月から5月にかけて世界の低速電気自動車(LEV)と電動トラック・バスの現状を調査し、その将来を予測した結果を発表した。最高速度が時速90km以下の電気自動車(EV)を対象としたLEVの市場は2011年が337億円、2020年は880億円(2011年比2.6倍)になる見通し。LEVはEV普及へのつなぎとして期待されており、EVが本格普及すればEVへのシフトが進むと考えられる。電動トラック・バスの市場は2011年が451億円、2020年は1,900億円(2011年比4.2倍)となる見込み。電動トラック市場は現時点では日米欧などの先進国が中心であるが、トラック全体の市場が拡大している東南アジアなどの新興国においても、徐々にHVやEVなど電動化が始まるとみている。

LEV市場の推移をみると、2011年が337億円、2012年は540億円、2015年は750億円、2020年は880億円になると予測する。1~2人乗り、短距離利用が中心の小型EVは車体を軽くし電池の搭載量を減らせるので価格を下げ易い。また、大都市圏で頻発する渋滞や、駐車場不足なども緩和や解決が可能であり、一般道への乗り入れを規制すれば交通事故の増加への不安も解決すると期待される。国内でも、少子高齢化や、エネルギー需給の逼迫、CO2排出削減などの課題を解決する対策のひとつとして注目されており、これを受けて、国土交通省は、今年6月4日に環境対応車と街づくりの提案・ガイドラインを取りまとめた「超小型モビリティ導入に向けたガイドライン」を公表している。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.