> > ソーラーフロンティア、太陽光発電の長期保証を加えた新品質制度で第一号の認証取得

ソーラーフロンティア、太陽光発電の長期保証を加えた新品質制度で第一号の認証取得

記事を保存
ソーラーフロンティア、太陽光発電の長期保証を加えた新品質制度で第一号の認証取得

ソーラーフロンティアは、電気安全環境研究所より、太陽電池モジュールの長期信頼性と、その長期保証体制を組み合わせた品質に関する新たな認証である「JETPVm(信頼性保証体制)認証(JIS Q 8901)」の認定を受けたと発表した。本新認証の取得は第一号となる。

この新認証制度は、これまで太陽電池モジュールの性能及び安全性試験規格への適合性を認証していたJETPVm認証(モジュール認証)に、本年6月からJIS Q 8901(地上設置の太陽電池モジュール-信頼性保証体制の要求事項)に基づく信頼性保証体制の認証を追加したものである。この規格は、設計・製造面で長期信頼性が確認された太陽電池モジュールの流通と、長期間の製品保証体制(設計、製造、性能保証)の組み合わせを、製品責任者に求めることで、太陽光発電システムの信頼性を高めることを目的としている。

JETPVm認証は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が今年7月に始まることに合わせて新たにつくられた制度で、太陽光発電システムの品質保証に関する日本工業規格(JIS)に基づいている。電気製品などの第三者認証機関である電気安全環境研究所が、太陽電池モジュールの設計、製造及び性能保証に関するサービス運営の信頼性を調査、審査したうえで認証している。同社のCIS薄膜太陽電池は7月に電気安全環境研究所に申請を行い、8月9日に正式にJETPVm認証を受けた。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカーで、独自のCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。同社では、業界に先駆けてCIS薄膜太陽電池モジュールの20年の品質保証を提供し、これまでもモジュールの信頼性向上に取り組んできた。さらにモジュール性能を保証するだけではなく、住宅用の国内代理店/販売店・施工業者を対象に販売からアフターケアまでを網羅した資格制度を設け、研修を行うなどサービスの向上にも努めてきた。同社では、今回のJETPVm認証の第一号取得は、きめ細かいサービス運営の体制が改めて評価されたものと捉えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.