> > 凸版印刷、相模原工場に「使用電力見える化クラウドサービス」導入

凸版印刷、相模原工場に「使用電力見える化クラウドサービス」導入

記事を保存
凸版印刷、相模原工場に「使用電力見える化クラウドサービス」導入

凸版印刷は、相模原工場に「使用電力見える化クラウドサービス」を導入し、稼働を開始した。同サービスは、東芝及び東芝ソリューションが2011年5月に発表した「電力見える化クラウドサービス」に加え「グラフ表示機能」「解析機能」「ユーザー支援機能」の3点を追加したもので、節電に向けたPDCAサイクルを回し、省エネへのさらなる対応を実現したのが特長。

凸版印刷 相模原工場では、2011年9月に「使用電力見える化クラウドサービス」導入を決定、2012年4月末に稼動を開始。同サービスを活用のため、300接点に電力量計や電力量センサーを設置し、電力の使用制限のクリアだけでなく、リアルタイムに使用電力を把握することで「使用電力量の削減」と「省エネ推進によるコスト最適化」を実現している。

同サービスでは、設置した箇所ごとの使用電力量の一覧表示や電力デマンドグラフがウェブ画面で表示されるため、必要な情報をリアルタイムで把握し、関係者の情報共有が可能となる。さらに、データの収集と管理により、電力の使用状況に応じた操業の最適化を実現。また、アラームやレポート、データ出力機能などにより、それぞれのセンサーの設置箇所の電力使用状況を把握することで、より的確な対策の実施で省エネへつなげている。

また、解析支援機能と解析機能の追加により、グラフ表示機能でシングルトレンドグラフ、マルチグラフ、レーダーチャートなどでデータを表示し、その解析により各拠点の状況把握と各種計画の支援を実施、さらに継続的な省エネを推進するため、PDCAサイクルを回すことで使用電力削減を実現している。

複数拠点の電力使用の状況を一括管理することで、きめ細かく「見える化」し、全体の電力使用量削減の影響を最小限に抑える取り組みと、節電のPDCAサイクルを回す仕組み作りを支援する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.