> > 政府、バイオマス事業化戦略(案)を発表 2020年には5000億円産業に

政府、バイオマス事業化戦略(案)を発表 2020年には5000億円産業に

 印刷 記事を保存

農林水産省は、8月16日に「バイオマス事業化戦略(案)」を発表した。同戦略は、バイオマス活用推進基本計画の目標達成に向け、コスト低減と安定供給、持続可能性基準を踏まえつつ、技術とバイオマスの選択と集中によるバイオマス活用の事業化を重点的に推進し、地域におけるグリーン産業の創出と自立・分散型エネルギー供給体制の強化を実現していくための指針。2020年までにバイオマス関連産業を5000億円規模に拡大させることを目指す。

2020年の利用率目標がエネルギー利用により達成された場合、同戦略の実施によるエネルギーポテンシャル(年間)は、下記のように見込まれる。
(1)バイオマス発電:約130億kWh(約280万世帯分)
(2)燃料としての利用量:原油換算で約1180万kL(ガソリン自動車約1320万台分)
(3)温室効果ガスの削減量:約4070万t-CO2(温室効果ガス排出量の約3.2%相当)

具体的な戦略は、以下の通り。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.