> > コープ、千葉県など全国7カ所の事業所屋根に計4MWの太陽電池を設置

コープ、千葉県など全国7カ所の事業所屋根に計4MWの太陽電池を設置

 印刷 記事を保存

日本生活協同組合連合会は、設置可能な7つの物流施設の屋根に順次、太陽光パネルを設置し、太陽光発電を本格的に展開すると発表した。7センター合計の出力規模は4,012kW。2013年3月までに、すべてで発電を開始する予定。

2012年5月には、尾道冷凍流通センター(広島県尾道市)に、出力規模493kWの太陽光パネルの設置工事が完了し、現在稼動に向けた準備を進めている。さらに、尾道以外の物流施設についてもパネル設置について検討した結果、設置可能な6センターでも太陽光発電に取り組むことを決めた。そのうち、篠栗冷蔵流通センター(福岡県篠栗町)には1,067kWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.