> > トヨタ、米インディアナ州でプリウスPHVと電力網をつなぐ共同実証実験に参画

トヨタ、米インディアナ州でプリウスPHVと電力網をつなぐ共同実証実験に参画

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、米国インディアナ州において、米国の大手電力会社などと共同で、電力網の負荷平準化と電気利用車両の最適充電設定に関する実証実験を実施すると発表した。期間は2013年初めから約1年間。本実証実験ではプリウスPHVと電力網をつなぎ、車両と電力網との間の通信システムの性能評価と充電管理システムの動作検証を行う。

本実証実験は、米電力大手のデューク・エナジー社(ノースカロライナ州)と、新エネルギー関連事業を手掛けるNPO法人エナジー・システムズ・ネットワーク(インディアナ州)と共同で行うもの。米国自動車技術会(SAE)が定める通信標準技術を採用し、電気利用車両と電力会社の電力網との間で双方向のデジタル通信を行う。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.