> > トヨタ、米インディアナ州でプリウスPHVと電力網をつなぐ共同実証実験に参画

トヨタ、米インディアナ州でプリウスPHVと電力網をつなぐ共同実証実験に参画

記事を保存

トヨタ自動車は、米国インディアナ州において、米国の大手電力会社などと共同で、電力網の負荷平準化と電気利用車両の最適充電設定に関する実証実験を実施すると発表した。期間は2013年初めから約1年間。本実証実験ではプリウスPHVと電力網をつなぎ、車両と電力網との間の通信システムの性能評価と充電管理システムの動作検証を行う。

本実証実験は、米電力大手のデューク・エナジー社(ノースカロライナ州)と、新エネルギー関連事業を手掛けるNPO法人エナジー・システムズ・ネットワーク(インディアナ州)と共同で行うもの。米国自動車技術会(SAE)が定める通信標準技術を採用し、電気利用車両と電力会社の電力網との間で双方向のデジタル通信を行う。

これにより、「デマンド・レスポンス」(需給状況に応じて電力消費を調整するシステム)による電力網の負荷の平準化と、利用時間帯により料金が変動する制度を踏まえた最適な充電設定を自動的に行う仕組みの確立を目指す。こうした先進技術を活用することで、消費者は、電力需要の電気料金を極力抑えることができるようになる。国際電気標準会議(IEC)でもデジタル通信の標準化が進められており、自動車会社が米国内のみならずグローバルに利用できることが期待される。

本実証実験では、デューク・エナジー社管内であるインディアナ州インディアナポリス市在住の一般消費者5世帯を対象に、各家庭にプリウスPHV1台を貸与し、充電スタンドと通信機器を各1台設置する。双方向通信により、各世帯で充電を最適に管理・モニターする。実験を通じて得られたデータを基に、車両と電力網との間の通信システムの性能評価と充電管理システムの動作検証を行う。

トヨタと共に、ITとクルマに関する調査・研究・開発会社であるトヨタIT開発センターの100%子会社トヨタ・インフォテクノロジー・センターUSAと、トヨタの北米における研究開発・製造統括会社トヨタ・モーター・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング・ノースアメリカ(TEMA)も実証実験に参画する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.