> > ユニ・チャーム、福島・静岡・香川の3工場に合計5.2MWの太陽光発電

ユニ・チャーム、福島・静岡・香川の3工場に合計5.2MWの太陽光発電

記事を保存

ユニ・チャームは、国内主力3工場である、福島・静岡・四国工場の屋根上に、総出力5,200kW(5.2MW)の太陽光発電システムを導入すると発表した。平成25年3月の稼働開始を予定している。

太陽光発電システムを導入するのは、製造子会社であるユニ・チャームプロダクツの福島工場(福島県東白川郡棚倉町)、静岡工場(静岡県掛川市)、四国工場(香川県観音寺市)の3工場。総出力は5.2MWで、約1,600世帯分の年間消費電力量に相当する発電力を見込む。太陽光パネルは、単結晶シリコン型(パネル総数 約2万枚)を使用する。

昨年発生した東日本大震災による電力不足によって、安定的な電力確保と節電への協力が社会的課題となっている。そうした中、同社は紙おむつや生理用ナプキンなど消費財メーカーの社会的責任として、国をあげた再生可能エネルギーの利用促進への貢献と将来的な電力コスト抑制の観点から、今回、民間企業としては大規模といえる太陽電池を導入することを決めた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.