> > パナソニック、照明光が知的生産性、生体リズムに与える影響を検証

パナソニック、照明光が知的生産性、生体リズムに与える影響を検証

 印刷 記事を保存

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は「知的生産性」を維持しながら省エネを実現することを目的とし、光による覚醒度やサーカディアンリズムへの影響に配慮し、明るさや光の色を時間帯によって変化させる調光・調色 照明制御手法を九州大学と共同で考案し、同手法による「知的生産性」と「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行った。

その結果、過度な節電照明では影響が危惧されるが、適切に明るさや光の色を制御して省エネすることで「知的生産性」と「健全なサーカディアンリズム」の維持が可能なことを確認したと発表した。

東日本大震災以降、節電対策として照明を減灯するオフィスが増加しているが、一般的に照度が下がると覚醒度が低下すると考えられており「知的生産性」への影響が危惧されている。そこで同社は、日中の覚醒度やパフォーマンス(作業効率)及び「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行った。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.