> > パナソニック、照明光が知的生産性、生体リズムに与える影響を検証

パナソニック、照明光が知的生産性、生体リズムに与える影響を検証

記事を保存
パナソニック、照明光が知的生産性、生体リズムに与える影響を検証

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は「知的生産性」を維持しながら省エネを実現することを目的とし、光による覚醒度やサーカディアンリズムへの影響に配慮し、明るさや光の色を時間帯によって変化させる調光・調色 照明制御手法を九州大学と共同で考案し、同手法による「知的生産性」と「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行った。

その結果、過度な節電照明では影響が危惧されるが、適切に明るさや光の色を制御して省エネすることで「知的生産性」と「健全なサーカディアンリズム」の維持が可能なことを確認したと発表した。

東日本大震災以降、節電対策として照明を減灯するオフィスが増加しているが、一般的に照度が下がると覚醒度が低下すると考えられており「知的生産性」への影響が危惧されている。そこで同社は、日中の覚醒度やパフォーマンス(作業効率)及び「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行った。

実験は、健康な男子学生10名を対象に、日中に「従来照明(750lx)」「節電照明(400lx)」「調光・調色 照明」の3つの試験条件で実施。日中は覚醒度評価とパフォーマンステストを、夜間には、睡眠の質と関連が深いとされる深部体温とホルモン(メラトニン)の分泌量を測定した。

その結果「節電照明」では日中の覚醒度とパフォーマンスが低下(エラーが増加)し、夜間の体温も十分低下しなかった一方、「調光・調色 照明」では日中の「従来照明」と同等の覚醒度、パフォーマンスが維持され、かつ夜間の体温の低下量とメラトニンの分泌量が最も多いことが分かった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.