> > NTT、日本初 マンション向けデマンドレスポンスサービスで節電支援

NTT、日本初 マンション向けデマンドレスポンスサービスで節電支援

記事を保存
NTT、日本初 マンション向けデマンドレスポンスサービスで節電支援

NTTファシリティーズエネットは、商用サービスとして日本初となる電力の供給サイドと需要サイドが一体となったマンション向けデマンドレスポンスサービス「EnneVision(エネビジョン)」を本格拡大させると発表した。EnneVisionは、これまで「マンション向け電力提供サービス」を利用する一部の入居者のみに試行提供してきたが、同サービスを新たに導入する全てのマンションに拡大し、節電を支援する。

EnneVisionは、マンションに設置したスマートメータを利用し、電力使用量を可視化することで省エネ活動を支援する「見える化サービス」、昼間のピーク時間帯の電力使用を抑制し朝晩・夜間にシフトすることで電気料金が安くなる「時間帯別料金サービス」、電力需給逼迫時に、利用者にネガワットを提供してもらい、ネガワット量に応じたポイントを還元する「節電ポイントサービス」を提供している。

昨年7月から首都圏の9マンション・約3000世帯を対象に試行提供を行い、利用者の節電を支援してきた。その結果、時間帯別料金サービスについては、夏季におけるピーク時間帯の使用電力が前年より20%削減。節電ポイントサービスについては、使用電力が前日の同時間帯より夏季は約25%、冬季は約39%削減された。

今年7月からは、新メニューとして「CO2ポイントサービス」を開始。同サービスは、前年同月と比較して消費電力量を削減すると、削減したCO2排出量の環境価値相当のポイントを提供するもので、利用者が獲得したポイントは、翌月以降の電気料金の支払いに利用することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.