> > 群馬県前橋市、市有地でメガソーラー、リース事業者を募集予定

群馬県前橋市、市有地でメガソーラー、リース事業者を募集予定

記事を保存
群馬県前橋市、市有地でメガソーラー、リース事業者を募集予定

群馬県前橋市は、市有地に700kW程度のメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置する計画を発表した。本施設の整備にあたっては、公募型プロポーザルにより施設リース事業者を決定する。公募型プロポーザルの募集開始時期は、平成24年9月上旬を予定している。

群馬県前橋市 大規模太陽光発電所設置場所 現況写真

メガソーラーを設置するのは、前橋市堀越町1284番地1先の市有地(約1.06ha)。年間予想発電量は73万kWh程度で、200世帯分の電力使用量に相当する。平成25年度当初からの発電及び売電開始を目指す。施設整備においては、売電収入の範囲内で施設全体のメンテナンスや維持管理一式も含めたプロポーザルによる包括的施設リース契約を予定している。

前橋市が平成24年3月に策定した、平成24年度から平成32年度を対象とする「前橋市地球温暖化防止実行計画」では、再生可能エネルギーの利用促進を掲げ、メガソーラーの導入について候補地の調査を行い、導入について検討を行うことを明記している。メガソーラー事業の実施は、多額の資金とノウハウが求められることから、民間事業者の活力をいかしていく方針を示していた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.