> > 応用電機、静岡と熊本の自社工場に合計2.4MWのメガソーラー

応用電機、静岡と熊本の自社工場に合計2.4MWのメガソーラー

 印刷 記事を保存

応用電機(京都府城陽市)は、浜松工場(静岡県浜松市)及び熊本工場(熊本県菊池市)の敷地に、あわせて出力2,400kWの太陽光発電所を建設すると発表した。ともに来年3月の稼働開始を目指す。

同社は電子・光学を応用した測定・計測機器、メカトロ機器、医用機器の開発・設計・製造を行っている。これまで、太陽電池モジュールの検査装置や太陽光発電の計測機器も手がけてきたが、今回の太陽光発電事業を活かして、これら関連分野へのさらなる事業展開へつなげていく計画だ。

浜松工場には、敷地(51,353㎡)の一部及び工場の屋根に太陽光パネルを約6,600枚設置する。出力は約1,600kW、年間発電電力量は約170万kWhとなる見込み。10月に着工し来年3月の発電開始を予定。浜松市の年間日照時間が全国1位という太陽光発電事業にとって恵まれた条件に着目し、同工場に太陽光発電所を建設することを決定した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.