日立、石炭火力発電のCO2排出を削減する、石炭ガス化の実験設備を受注

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

日立製作所は、大崎クールジェン(OCG)から、酸素吹石炭ガス化複合発電技術の大型実証試験「大崎クールジェンプロジェクト」向けに、主要設備である「石炭ガス化設備」及び「複合発電設備」を受注したと発表した。

今回受注した主要設備は、ガス化炉などの「石炭ガス化設備」のほか「ガスタービン」「蒸気タービン」「排熱回収ボイラー」「発電機」などの複合発電設備で、多目的石炭ガス製造技術開発(EAGLE)で得られた知見や技術が適用されている。ガスタービンについては、日立が独自開発した「高効率ガスタービンH-80」を採用し、ガス化炉と排熱回収ボイラーについては、日立のグループ会社であるバブコック日立が担当。実証試験設備の建設開始は2013年を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報