> > エス・バイ・エル、つくばと山口の工場にメガソーラーを設置

エス・バイ・エル、つくばと山口の工場にメガソーラーを設置

記事を保存
エス・バイ・エル、つくばと山口の工場にメガソーラーを設置

住宅メーカーのエス・バイ・エル(大阪府北区)は、同社の全工場(つくば工場・山口工場)にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置すると発表した。平成25年2月までに設置し、同3月より売電を開始する。

メガソーラーは、両工場の現在未利用の広大な屋根スペースを有効活用し設置する。設置容量はつくば工場が1,250kW、山口工場が1,700kWで合計2,950kW。

年間発電量は合計約290万kWhと試算している。設備投資額は約8億5,000万円(税込)を予定し、再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づき、売電収入(42円/kWh(税込)で試算額)は年間約1億2,000万円を見込む。

同社は創業61年を迎える住宅メーカー。長寿命住宅の販売等を展開し、環境問題に対して積極的に取り組む。昨年10月には家電量販店最大手であるヤマダ電機と、業種の垣根を越えた資本提携・業務提携を行っている。今回の自社工場でのメガソーラー設置を通して、環境問題に対して積極的に取り組む姿勢を強調するとともに、昨年11月より展開を進めている「スマートハウジング」や、コミュニティー全体でエネルギーの自給自足を目指す「スマートタウン構想」の更なる推進を図っていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.