> > 埼玉県、県環境整備センター跡地のメガソーラー発電事業者決定

埼玉県、県環境整備センター跡地のメガソーラー発電事業者決定

記事を保存

埼玉県は、大里郡寄居町三ケ山地内にある「埼玉県環境整備センター」の廃棄物埋立跡地にメガソーラーを設置・運営する事業者がサイサン(さいたま市大宮区)に決定したと発表した。メガソーラー施設の建設、その運営に十分な能力を有するとともに、企画提案の主眼である地元貢献が最も高いと評価されたもの。

借地面積は約5万6,900平方メートル、発電出力は約2.6MW、年間発電量は287万784kWh。9月上旬に基本協定を締結。平成25年1月頃に着工、4月に発電開始予定。

地元貢献の内容は、以下の通り。
・毎年、年間発電量の3.5%に40円を乗じた金額(約400万円)を寄居町や地元団体に寄付する。
・LPガスによる災害対応型エネルギー供給システム(調理、暖房、発電機能を備える。避難所等への設置を想定)を10基、寄居町に寄付する。
・建設、除草、メンテナンス等、極力地元業者に依頼する。
・ガス事業者のノウハウを生かし、寄居町のエコタウン構想に協力する。

環境学習への取り組みについては、以下の通り。
・メガソーラー設置場所に見学台を設置する(屋外表示パネルで発電量を表示)。
・発電状況を閲覧できるホームページを作成する。
・寄居町の要請に基づき、見学会の開催や小中学校の環境学習の講師を派遣する。

これにより、同県では埋立跡地の有効活用を図るとともに、再生可能エネルギーの普及促進、及び県が推進するエコタウン構想の一層の進展を目指す。また、事業者による地元貢献を含めて、寄居町の地域振興が図られることも期待されている。

参考:埼玉県 - 三ケ山メガソーラー発電事業者が決定!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.