> > 日本アジアグループ、鹿児島県に0.5MWの「鹿屋ソーラーウェイ」

日本アジアグループ、鹿児島県に0.5MWの「鹿屋ソーラーウェイ」

記事を保存
日本アジアグループ、鹿児島県に0.5MWの「鹿屋ソーラーウェイ」

日本アジアグループは、太陽光発電所「鹿屋ソーラーウェイ」の開発に関し、鹿児島県鹿屋市と基本合意に至ったと発表した。鹿屋ソーラーウェイは、出力0.5MW(500kW)、一般家庭の約150世帯に相当する規模で、同グループにおいては、群馬県館林市の「館林ソーラーパーク」に続き2案件目のハーフメガ(0.5MW)の開発となる。ハーフメガ規模の太陽光発電所は、住宅地に隣接した環境でも開発が可能なため、遊休地の有効的な活用手法として着目されている。総事業費は約1.5億円の見込み。

日本アジアグループは、グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する企業。同社は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のもとメガソーラー発電所の開発に向け、これまでの実績により培った技術とノウハウを活用し、地域特性にあわせた太陽光発電所の開発を行うとともに、地域住民の方々と本施設を活用した地域づくり、まちづくりへの取り組みを進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.