> > 東芝、仏・アルストムグリッド社とスマートグリッド事業で提携

東芝、仏・アルストムグリッド社とスマートグリッド事業で提携

記事を保存

東芝は、電力系統監視制御システム世界大手のフランスのアルストムグリッド社(AG社)とスマートグリッド事業で提携したと発表した。今後、両社はスマートグリッドに関する個別案件ごとに協業の可能性を検討していくとともに、機器インターフェースなどの共同開発の可能性などについても検討していく。

両社は、スマートグリッド分野における事業領域拡大を目的に、今般、相互補完的な協力関係を構築することに合意し、覚書を締結した。東芝は電力系統システムだけでなく、スマートメーターや蓄電池など需要家を取り巻く配電領域にも注力する。

AG社は、重電大手のアルストムグループにおいて送電部門を担当する事業会社。送電領域をはじめとする電力系統システムをグローバルに展開し、EMS(Energy Management System)などの電力系統の高品質な電力供給を監視・制御する上位階層システムに強みを持つ。具体的には、遮断器、断路器、ガス絶縁型開閉装置、直流送電(HVDC)装置などの製品に加え、世界No.1のEMSの納入実績を誇るソフトウェア・ソリューションも提供している。

両社は、今回の提携により各々の強みを補完し合うことで、一貫したソリューションを提供するビジネスモデルの構築を図り、地域エネルギーマネジメントの実現を目指す。東芝は、今後、AG社との連携を活かし、安定的な再生可能エネルギー導入と電力コスト低減を一層推進するとともにスマートグリッド事業をグローバルに展開することで、スマートグリッドを含むスマートコミュニティ事業全体で2015年度売上高9,000億円を目指す計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.