> > 熊本県地元企業が集結して空港にメガソーラー、三菱商事が主導

熊本県地元企業が集結して空港にメガソーラー、三菱商事が主導

 印刷 記事を保存

三菱商事、三菱総合研究所、熊本県、菊陽町は、阿蘇くまもと空港北側県有地(熊本県菊池郡菊陽町)に、県内の太陽光発電関連企業群と連携し、発電出力2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。平成24年度中の設置を目指す。

4者は、9月3日、阿蘇くまもと空港北側における「メガソーラー発電建設事業の実施に関する協定書」を締結した。本事業は、平成22年4月6日付け熊本県、三菱商事、三菱総研の三者で締結した「新エネルギー・環境関連産業育成に関する協定書」に基づく取り組み。今回の菊陽町におけるメガソーラーは、県内の太陽光発電関連企業の力を集結した「地産地消」型となる予定。これによって、県内企業がメガソーラー整備のノウハウを習得し、メガソーラー事業への参入を促進させる。また、熊本の空の玄関口という立地を活かし、本メガソーラーが県内関連企業製品のショーウィンドーとしての役割を担うことも目的としている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.