> > NHKが有機ELデバイスを新開発 消費電力1/3、寿命7倍

NHKが有機ELデバイスを新開発 消費電力1/3、寿命7倍

記事を保存
NHKの新有機ELデバイス

※クリックで拡大

NHKは、省電力と実用的な寿命を兼ね備える「赤色発光有機ELデバイス」の開発に成功したと発表した。同デバイスは、発光材料として白金錯体を用い、ホスト材料として新たにベンゾキノリン誘導体を用いた材料を組み合わせることにより、従来のイリジウム錯体を用いたデバイスに比べて、1/3の省電力化と7倍の長寿命を実現したのが特長。

NHKは、いつでもどこでも放送サービスが楽しめるよう、有機ELデバイスを用いた超薄型で曲げられる「フレキシブルディスプレイ」の研究開発を進めている。有機ELデバイスの中で光を発する発光層は、発光材料と、それを分散させて電気エネルギーを発光材料に受け渡すためのホスト材料で構成される。従来、発光材料にはイリジウム錯体が一般的に用いられていたが、抜本的な性能改善に向けては、イリジウム錯体以外の発光材料を用いたデバイスの開発が大きな課題となっていた。

今後は、赤色発光有機ELの省電力・長寿命特性をさらに向上させるとともに、緑色・青色発光の有機ELデバイスも試作する予定。これらの各色有機ELデバイスの開発により、フレキシブルディスプレイの早期実現を目指す。

参考:NHK - 消費電力1/3・寿命7倍の有機ELデバイスを開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.