> > 日産、神奈川県のびっくりドンキーでEVの急速充電サービスの実証実験

日産、神奈川県のびっくりドンキーでEVの急速充電サービスの実証実験

記事を保存

日産自動車は、ファミリーレストラン「びっくりドンキー」青葉台店(神奈川県横浜市)の駐車場に電気自動車(EV)向け急速充電器を設置し、一般ユーザーを対象とした有料の充電サービスを開始する。本事業は、充電事業の実証実験として実施するもので、急速充電器がファミリーレストランの店舗駐車場に一般利用目的で設置されるのは全国初となる。

本実証実験は、「びっくりドンキー」を運営するアレフと共同で実施するもので、将来のファミリーレストランへの急速充電器の設置・運用条件、事業化の可能性等の実証を行う。事業化に目処がついた場合は、設置店舗を順次拡大していく計画だ。また、日産が出資する、EV向け充電サービスを提供するジャパンチャージネットワークも参画し、実際の課金・認証、認証機器のメンテナンス等を担当する。

実証は10月1日より開始。EVの急速充電サービスは、ジャパンチャージネットワーク会員の場合は会員カード認証で利用できる。会員の1回の利用料金は500円、充電時間は20分を予定。会員以外の1回の利用料金は700円。実証する内容は、利用する顧客の属性、利用頻度、利用時間帯、料金受容性、運用方法 等。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.