> > 三菱自、世界初SUV型プラグインハイブリッド車を2013年初頭に発売

三菱自、世界初SUV型プラグインハイブリッド車を2013年初頭に発売

記事を保存
三菱自、世界初SUV型プラグインハイブリッド車を2013年初頭に発売

三菱自動車は、9月27日からフランスで開催されるパリモーターショーにおいて、SUV型プラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」を参考出品し世界初披露すると発表した。「アウトランダーPHEV」は、世界初のSUVタイプのPHVとして、2013年初めから国内市場に投入し、順次、欧州や北米などへの世界展開を進める予定。

「アウトランダーPHEV」は、「EVの環境性能」「エンジン車の航続距離」「SUVならではの4WDによる走行性能」を兼ね備えた世界初のSUVタイプの5人乗りPHV。新型「アウトランダー」をベースに、同社が独自に開発したEV派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載。また、自宅や外出先など外部からの充電による電力や、減速時のエネルギー回収によってガソリンを節約した走行ができる。これらにより、従来のエンジン車を大きく上回る複合燃料消費率61km/L以上(JC08モード)と、エンジン車同等の航続可能距離880km以上(JC08モード)を目標としている。大容量12kWhリチウムイオン電池の搭載により、EV走行モードだけでも55km以上(JC08モード)の走行を可能とした。

蓄えた電力はEV走行モードで使用するほか、車載コンセント(国内向けに設定)から非常時等に各種家電製品等への電力供給を長時間行うこともできる。さらに、急速充電コネクター(国内向けに設定)を介して家庭と自動車をつなぐことで、自動車を蓄電池として使用する将来のスマートグリッド対応も考慮した。

「プラグインハイブリッドEVシステム」は、「i-MiEV(アイ・ミーブ)」から得られたEV技術と、同社がこれまでに培ってきたエンジン技術を融合し、長距離移動ニーズの高い中型乗用車クラス以上のカテゴリー向けに新開発した。

パリモーターショー2012(Le Mondial De L' Automobile 2012)は、9月27日(一般公開は29日)から10月14日まで、パリ市のパリエキスポで開催される。同社は、欧州初披露となる新型グローバルコンパクトカー(日本名「ミラージュ」)や、コンパクトSUV「ASX」(日本名「RVR」)のマイナーチェンジモデル、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2012」参戦車「i-MiEV Evolution(アイ・ミーブ エボリューション)」(モックアップ)など、合計11台(プレスデーは7台)を出品する。また、昨年の東京モーターショー、本年3月のジュネーブモーターショーに続き、再生可能エネルギーを積極的に活用したEVのある暮らしを提案する「MiEV(ミーブ)ハウス」を展示する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.