> > 成田空港、EV用急速充電器設置し実験 10月から1年間は充電無料

成田空港、EV用急速充電器設置し実験 10月から1年間は充電無料

記事を保存
成田空港、EV用急速充電器設置し実験 10月から1年間は充電無料

成田国際空港は、ジャパンチャージネットワーク(JCN)と提携し、空港内に電気自動車(EV)用急速充電器を10月中に設置し、充電サービス事業の検証を目的として実証実験を開始する。実証期間は1年間。設置場所は成田空港内駐車場。設置充電器は200Vで、約30分の急速充電により80 %充電できるCHAdeMO方式。充電料金は実証期間中無料。24 時間利用可能。

EVは、政府の日本再生戦略の中で、2020年までに急速充電器5000基の設置が目標とされている。同空港では、今回JCNと提携することにより、高速道路等を含めた充電サービスネットワークの拡大を通じて、EVによるアクセス性の向上、エコエアポートの推進を図るとともに、政府が定めたEVのためのインフラ整備に貢献したい考えだ。

参考:成田国際空港 - 電気自動車(EV)向け急速充電器を設置します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.