> > 大分県企業局、60周年を記念してメガソーラー設置

大分県企業局、60周年を記念してメガソーラー設置

記事を保存

大分県企業局は、発足以来今年で60年目を迎えるにあたり、記念事業としてメガソーラー(大規模太陽光発電)事業を実施すると発表した。出力規模は1,420kWを予定。総事業費は7億4,550万円を見込む。平成25年夏ごろの竣工を目指す。

設置場所は、大分市松岡の企業局所有地。敷地面積は約2ha。年間予測発電電力量は、一般家庭410世帯分の消費量に相当する1,492MWh。平成25年2月の着工予定。発電した電力は九州電力に売電する。

同企業局は、再生可能エネルギーの固定買取制度の導入を受けて、企業局としての事業活動の新分野開拓や県として進めている再生可能エネルギー導入促進のリーディングモデルとしての事業推進、長期遊休地化している土地の有効活用等を図るために、本事業の実施を決定した。事業費は、補正予算(案)の電気事業会計に、債務負担行為の設定として、限度額7億4,550万円、平成24年度から平成25年度までの期間で計上する。

参考:大分県企業局 - 発足60周年記念事業太陽光発電事業の実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.