> > 政府「バイオマス事業化戦略」決定

政府「バイオマス事業化戦略」決定

記事を保存

農林水産省は、第5回バイオマス活用推進会議において「バイオマス事業化戦略」が決定されたと発表した。政府は、バイオマス活用に関する関係府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の連携の下、バイオマス活用技術の到達レベルの横断的な評価と事業化に向けた戦略の検討を行うため、バイオマス活用推進基本法に基づき設置されている「バイオマス活用推進会議」の下に「バイオマス事業化戦略検討チーム」を設置し、計9回にわたり有識者の委員で議論を行ってきた。同検討チームにおける議論を踏まえ、今回「バイオマス事業化戦略」が決定された。

今回策定された「バイオマス事業化戦略」のポイントは、以下の通り。

(1)多種多様なバイオマス利用技術の到達レベルや実用化の見通し等を整理した「技術ロードマップ」を作成した。

(2)技術ロードマップに基づく技術とバイオマスの選択と集中による事業化を推進する。

(3)事業化推進のため、原料調達の「入口」から販路確保の「出口」までの主要項目ごとの戦略を整理。あわせて7府省連携で地域のバイオマスの産業化を目指す「バイオマス産業都市の構築」も提示した。

参考1:環境ビジネスオンライン - 政府、バイオマス事業化戦略(案)を発表 2020年には5000億円産業に(2012年8月17日)

参考2:農林水産省 - 「バイオマス事業化戦略」の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.