> > オリックス・レンテック、太陽電池と蓄電池の性能検査サービスを開始

オリックス・レンテック、太陽電池と蓄電池の性能検査サービスを開始

記事を保存
オリックス・レンテック、太陽電池と蓄電池の性能検査サービスを開始

オリックス・レンテックは、神戸試験センター内の太陽光パネル試験エリアに、新たに「ソーラーシミュレータ」と「太陽電池EL テスター」を導入した。また「蓄電池充放電試験エリア」に国内最大級の規模のセル(単電池)用試験設備を新設し、蓄電池充放電試験の受託サービスを開始した。

これにより、太陽光パネル試験では、開設時より試験受託サービスを提供している長期耐久性評価のための「信頼性試験」に加え、人工的な太陽光をパネルに照射してその出力を検査する「電気的特性試験」、大型パネルを破壊することなく内部の損傷を検査できる「非破壊試験」まで、製品の耐久性評価に関わる試験を一括で受託することが可能となった。

近年、太陽光パネルなどの設置需要が高まると同時に、国内外のメーカーは、太陽光パネルやそれに付随する製品・部品などの長期耐久性を求められており、長時間にわたる耐久性試験や品質向上のための研究開発のニーズが顕在化し始めている。また、スマートグリッドの構築や再生可能エネルギー及び電気自動車(EV)の普及に伴い、安定した電力の最適な利用に向けて蓄電池の普及が見込まれており、製品の研究開発が進められている。

同社は、こうしたニーズに応え、製品の性能評価や信頼性試験を一括で受託することにより試験業務の効率を高め、設備導入や試験業務などのコスト削減と研究開発支援を同時に提供していきたい考えだ。

神戸試験センターは「太陽光パネル試験エリア」「蓄電池充放電試験エリア」「信頼性試験エリア」に分かれている。

太陽光パネル試験エリアは、新設の「ソーラーシミュレータ」「太陽電池EL テスター」に加え、国内初のフルモジュール対応の「X線観察装置」「機械的荷重試験装置」「温高湿試験装置」「温度サイクル試験装置」を備え、工場から出荷される太陽光パネルをそのまま試験できるよう、大型の試験品に対応したフルモジュールサイズの試験環境を整えた。

蓄電池充放電試験エリアは、「セル用回生式充放電試験装置」「恒温槽〈防爆仕様〉」を備え、太陽光発電や風力発電、EVで使用される蓄電池などの研究開発において、大型蓄電池の開発に必要なセル電池の充放電試験に対応する。

信頼性試験エリアは、「恒温恒湿器」「冷熱衝撃(ヒートショック)試験装置」を備え、製品及び部品・部材の環境性能や耐久性評価を目的としたヒートショック試験、結露凍結試験など各種試験に対応し、試験から検査までのワンストップでの評価試験が可能。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.