福島県で「ソーラーシェアリング」 太陽光発電と農業の共存

  • 印刷
  • 共有

フォーハーフは、同社提案の「福島ソーラーシェアリング事業」が平成24年度福島実証モデル事業に採択されたと発表した。原子力災害警戒区域から解除されたばかりの南相馬市小高区において、出力50kW程度の小規模太陽光発電所を建設し、空中架台の強度や耐久性、コスト削減方法を検証する。

福島実証モデル事業は、福島県が、太陽光発電の普及を図る先進的な事業モデルの提案を民間企業、市町村、民間非営利団体等から募集し、選定した提案を委託により実施しているもの。今回、平成24年度事業として、福島ソーラーシェアリング事業が採択された。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報