> > 豊田通商・三井化学など、下水汚泥からバイオ水素製造の実証

豊田通商・三井化学など、下水汚泥からバイオ水素製造の実証

記事を保存
豊田通商・三井化学など、下水汚泥からバイオ水素製造の実証

豊田通商、三井化学、大和リース、ジャパンブルーエナジー(JBEC)の4社は、HIT事業研究会を発足させ、下水汚泥を原料として水素ガスを製造する実証試験に着手したと発表した。本研究会では、JBECが所有するバイオマスガス化技術「BLUEタワー®技術」を活用し、現在一般的である化石燃料からの水素製造ではなく、その多くが焼却処分されている下水汚泥からの水素製造を目指す。

HITとは、「Hydrogen(水素) Innovation Town」を意味する。同研究会では、各地の下水処理場にBLUEタワー®技術を導入することで、将来普及が見込まれる燃料電池自動車(FCV)や定置型燃料電池等へ水素を供給し、地産地消型の水素イノベーションタウンの実現(低炭素・循環型の街づくり)に貢献したいと考えている。参加する各社の専門的な知見、人材、ネットワーク等を結集し、バイオ水素「BLUE水素®」に関する技術ライセンス、プラント建設、製造水素の流通・販売等を共同事業として推進する。なお、事業には、大和ハウス工業、トヨタ自動車がオブザーバーとして参加している。

実証実験は、JBECの「BLUEタワー®」実証プラント(島根県出雲市)において開始した。これまでの試験では、BLUEタワー®技術を用いて下水汚泥を加熱ガス化することにより、水素を主成分とするガスが得られ、バイオ水素の原料としての「下水汚泥」の持つポテンシャルが確認されている。今後、実証プラントでの連続運転試験により、バイオ水素の製造技術を確立するとともに、商用規模のバイオ水素製造プラント、モデル事業の構築を図る。

BLUEタワー®技術の最大の特長として、熱媒体としてアルミナ(酸化アルミニウム)ボールを使用することがあげられている。熱分解器において、木質チップや下水汚泥等のバイオマス原料が、高温に加熱された多量のアルミナボールに接触することでメタン等のバイオガスが発生する。さらに改質器において、バイオマスガスがより高温のアルミナボールと水蒸気に接触し、水蒸気改質反応等を経て、バイオ水素が製造される。このアルミナボールの循環によって、熱が各部に伝わるだけでなく、従来プラントの機器トラブル(閉塞等)の主要因となるタールの発生抑制・除去を可能としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.