> > 三井不動産、山口などでメガソーラー、2013年度中に約53MW

三井不動産、山口などでメガソーラー、2013年度中に約53MW

記事を保存
三井不動産、山口などでメガソーラー、2013年度中に約53MW

三井不動産は、山口県山陽小野田市で、発電出力約13MWのメガソーラーを建設すると発表した。また、2013年度中に太陽光発電所を2施設稼働させる計画があり、3施設合計の発電出力は約53MWとなる見込み。

同社は、テナント企業などに保有不動産(CRE:Corporate Real Estate)の有効活用における新たなソリューションを提供するとともに、再生可能エネルギー発電の推進に貢献するため、今回、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設することを決めた。メガソーラー事業では、土地所有企業から借地し、発電所を建設した後、発電した電気を電力会社に売電する。発電所の仕様については、日本製の太陽電池モジュール・設備を採用する。

山口県山陽小野田市のメガソーラー(発電出力約13MW)は、太平洋セメントの所有する土地(約16ha)に建設を予定している。2012年10月に着工し、2013年度の竣工・運転開始を目指す。また、同社は、この他に、2013年度中に太陽光発電所2施設の稼働を計画していることを明らかにした。3施設合計の発電出力は約53MWで、年間予測発電電力量は一般家庭の年間消費電力量約15,000世帯分に相当する約5,600万kWh。

同社は、「柏の葉キャンパスシティ」や「パークホームズ大倉山」などで、「スマートシティ」の取り組みを推進しており、本事業を通じて、メガソーラーの「創エネ技術」のノウハウを蓄積し、これらの街づくりに活かしていかしていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.