> > 森トラスト、災害時に大規模ビルから電源供給、太陽光活用システム構築の実証研究

森トラスト、災害時に大規模ビルから電源供給、太陽光活用システム構築の実証研究

記事を保存
森トラスト、災害時に大規模ビルから電源供給、太陽光活用システム構築の実証研究

森トラストは、災害時に都市へ電力を供給するシステムとして、大規模ビルに、太陽光発電とリチウムイオン蓄電池を活用した再生可能エネルギーシステムを構築する実証研究を開始する。

本事業では、長期停電時において都市の安全性確保のために必要となる最低限負荷対応計画を「ミニマムbCP(building Continuity Plan)」と定義し、災害時でも電力供給をサスティナブルに実現する再生可能エネルギーシステムの構築を目指す。

具体的には、同社が東京都中央区で開発を進める「京橋OMビル」(2012年9月末竣工予定)、「京橋トラストタワー」(2014年2月末竣工予定)への蓄電池等の導入、運用時のデータ収集・分析を通じて発電、蓄電、災害時電力利用に関する原単位、各機器の設置バランス等の検証を行う。また、これらの検証結果を活用し、同社が港区虎ノ門地域にて計画を進める大規模プロジェクトへの適用を検討していく。

本事業は、環境省が公募する「平成24年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業」へ「太陽光をエネルギー源とした災害時大規模ビル電源供給に関する実証研究」をテーマとして応募し、採択されたことを受けて実施するもの。

同グループでは、東日本大震災以降、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)、DCP(District Continuity Plan:地域継続計画)の必要性を訴えている。また、福島県のラフォーレ白河ゴルフコース跡地(福島県泉崎村)で大規模太陽光発電(メガソーラー)事業へも着手している。本事業ではこれらの取組みを融合し、再生可能エネルギーの災害時利用の実用化を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.