> > 東芝、岩手県中尊寺にLED照明と太陽光発電システムを寄贈

東芝、岩手県中尊寺にLED照明と太陽光発電システムを寄贈

東芝グループは、東日本大震災からの復興支援活動の一環として、岩手県への観光集客力の拡大に貢献するため、世界文化遺産に登録されている岩手県平泉の中心的構成資産である中尊寺に、LED照明設備と太陽光発電システムを寄贈すると発表した。

中尊寺新覆堂内の金色堂や仏像、荘厳の芸術性・精神性をより効果的に表現できるLED照明を導入し、9月22日の一般拝観から点灯される予定。中尊寺金色堂においてLED照明を導入するのは、今回が初めて。また、自然と共生する平泉の理念に賛同し、自然エネルギーを活用する5kW規模の太陽光発電システムを寄贈し、LED照明の改修に合わせて発電が開始される。これにより、同社は東北地方へのさらなる観光客集客に貢献したい考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 38 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.