三菱重工、石炭火力発電所排ガスからのCO2回収・貯留の一貫実証試験を開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

三菱重工業は、米国電力大手のサザンカンパニーと共同で、世界で初となる石炭火力発電所排ガスからのCO2回収・貯留一貫実証試験を開始したと発表した。本実証試験の成果をもとに、石炭焚き排ガスからのCO2回収技術の商用化実現へとつなげていく計画だ。

今回、両社が共同で進めている石炭火力発電所排ガスからのCO2回収・貯留実証試験で、回収したCO2の地下への注入が始まった。排ガス中に煤塵などの不純物が多い石炭火力発電所を対象に、1日500トン規模のCO2回収と貯留を一貫して行うのは世界で初めてとなる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報