> > 京セラ滋賀八日市工場、100kWの太陽光発電システムを増設

京セラ滋賀八日市工場、100kWの太陽光発電システムを増設

記事を保存
京セラ滋賀八日市工場、100kWの太陽光発電システムを増設

京セラは、滋賀八日市工場の環境負荷を低減するため、出力100kW の同社製太陽光発電システムを増設し、稼動を開始した。これにより同社グループ国内拠点の設置容量合計は2MW を超え、CO2の年間予測削減量は650t 以上となる見込み。

滋賀八日市工場は、太陽電池セルの生産工場として1980 年に操業開始して以来、同社の環境製品を生産する主要工場として、さまざまな環境活動に積極的に取り組んでいる。これまで海外を含めた同社グループのシステム導入量で最大となる359kW の太陽光発電システムを設置しており、今回の増設により同工場の設置合計は459kW となる。増設分を含めた同工場での年間発電電力量は、一般家庭の約116 世帯分に相当する約418,000kWh の予測で、CO2 の年間予測削減量は約123t となる見込み。

なお、同社は自社内各拠点にも積極的に太陽光発電システムの導入を進めており、京都市伏見区の京セラ本社ビルのほか、2011 年には国内全10 工場への導入を完了し、さらに国内外グループ会社へも展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.