> > JX日鉱日石、茨城県で車載向けリチウムイオン電池用正極材の製造設備を増強

JX日鉱日石、茨城県で車載向けリチウムイオン電池用正極材の製造設備を増強

記事を保存
JX日鉱日石、茨城県で車載向けリチウムイオン電池用正極材の製造設備を増強

JX日鉱日石金属は、磯原工場(茨城県北茨城市)において、東日本大震災による被災からの復興を進める中、車載向けリチウムイオン電池用正極材の新製造設備が完成し、9月19日に竣工式を挙行したと発表した。同社の正極材を使用したリチウムイオン電池は、海外で生産される日産の電気自動車「リーフ」に搭載される予定。

新製造設備の製造能力は年5,000トン。同社は、今般の大幅能力増強により、需要の急増に対し、高純度で均質な正極材を安定的に供給する体制を構築した。なお、今般の増強設備の建設は、経済産業省の平成22年度「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」の対象に採択されている。リチウムイオン電池は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・ハイブリッド車(HEV)といった次世代環境対応車に必要不可欠な車載用電源として、急速に需要が高まる中、高容量・安全性・コストといった特性を高い次元でバランスさせることが求められている。

同社の正極材は、リチウムの他にコバルト・マンガン・ニッケルを使用する「三元系」で、その特性として、1.構成元素の分散性をコントロール、2.独自の一貫プロセスによる安全性の向上、3.高い品質安定性、の3つをあげる。

具体的には、

1.構成元素の分散性をコントロールでは、同社が独自に開発した湿式製造方法により、正極材内での構成元素の分散性をコントロールできるプロセスを確立。これにより正極材は高い均質性を実現し、リチウムイオン電池の性能向上に貢献する。

2.独自の一貫プロセスによる安全性の向上では、電池内のショートの原因となる外部からの異物混入を制御するため、金属原料から製品まで一環製造プロセスを採用した。

3.高い品質安定性は、これまで半導体材料の開発・製造で培った分析技術を駆使し実現した。高度な分析能力は品質管理能力のさらなる向上や次世代の正極材料設計のための必須の技術であると捉えている。

また、同社は資源循環型システムの構築を目指し、敦賀工場(福井県敦賀市)において使用済みリチウムイオン電池から正極材の原料となる金属を効率的に回収するための実証化試験を終えている。その結果を基に、早期の商業化を見据えて、プロセス改善、コストダウン、最適な経済規模での生産体制の模索など事業化のための計画策定に取り組んでいる。この資源循環型システムの実現により、本正極材製造のための原料の安定調達に活用していく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.