> > サカタのタネ、大気汚染を軽減する環境浄化植物の濃色系新品種を発売

サカタのタネ、大気汚染を軽減する環境浄化植物の濃色系新品種を発売

 印刷 記事を保存

サカタのタネは、インパチェンス属の栄養系品種「サンパチェンス(R)」シリーズに「マジェンタ」と「レッド」を追加し、2013年春から苗の販売を開始する。

「サンパチェンス(R)」は、鮮やかな色合いで、真夏の暑さや強い日ざしに耐え、多くの花を咲かせる草花。二酸化窒素やホルムアルデヒドの浄化能力、二酸化炭素(CO2)の吸収能力が従来の花き園芸植物よりも高く、大気汚染の軽減効果のある「環境浄化植物」としても注目されている。従来は、淡色系のラインナップが中心だったため、夏の花壇に映える濃色の追加が望まれていた。両品種とも、濃色系でありながら花焼けが発生しにくいのが特長。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.