> > パナソニック、トヨタのEV「eQ」向けにリチウムイオン電池を供給

パナソニック、トヨタのEV「eQ」向けにリチウムイオン電池を供給

記事を保存
パナソニック、トヨタのEV「eQ」向けにリチウムイオン電池を供給

パナソニックグループ エナジー社は、トヨタ自動車が12月以降に、日米で販売を予定している小型電気自動車(EV)「eQ」向けにリチウムイオン電池を供給すると発表した。同社のリチウムイオン電池は、トヨタの「プリウスα」および「プリウスPHV」に搭載されている。今回の「eQ」への電池供給により、トヨタのハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)に加え、EVにも搭載されることになる。

トヨタの4人乗り小型EV「eQ」は、2012年12月以降、日米において、自治体や特定利用者向けに限定導入が開始される予定。小型EV「eQ」は、コンパクトなパッケージに容量を最小限に抑えた高出力の新型リチウムイオン電池(12kWh)を搭載し、EVで世界最高の電費104Wh/kmを実現した。一充電走行距離は100km、最高速度は125km/hを達成している。

パナソニックでは、地球環境保護への意識の高まりや原油高騰を背景に、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発ならびに事業を強化している。既に、グローバルで複数の自動車メーカーにHV用ニッケル水素電池、および、HV、PHV、EV用リチウムイオン電池の供給実績がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.