> > 太陽光と風力で発電 避難所向けEMS「スマートシェルター」

太陽光と風力で発電 避難所向けEMS「スマートシェルター」

記事を保存
太陽光と風力で発電 避難所向けEMS「スマートシェルター」

安川電機は、避難施設や体育館、公民館などの防災上の拠点を対象として、省エネ機能と災害発生時機能を持ったエネルギーマネジメントシステム「スマートシェルター」を開発した。2013年1月より販売。2013年度は年50システムの販売を目指す。

「省エネ機能」としては、太陽光発電と風力発電の併用により省エネが可能。また、蓄電池使用時間帯を自由に設定できる「スケジュール設定機能」により、契約電力の低減を目的としたピークシフトも可能。

「災害発生時機能」としては、自家発電機のように燃料切れを心配することなく、1週間以上の電源供給が可能。停電時は、蓄電池の長時間使用を最優先とする電池残量監視による負荷制御を実施。さらに、電力会社からの節電要請に応じ、発電状況を勘案したエアコン、照明などの負荷抑制制御、蓄電池制御も可能。

太陽光発電、風力発電などクリーンエネルギーの活用普及が進む中、自然エネルギーによる発電に加え、住宅、ビル、工場を対象としたピークカット、ピークシフトなどスマートな電気の使い方を実現するエネルギーマネジメントシステムが注目を集めている。一方、災害発生時の停電による、人々の生活や情報収集手段への影響を抑えるため、停電時の電源確保が求められている。これらを組合せ、避難所を対象としたエネルギーマネジメントシステムとして「スマートシェルター」の開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.