> > つくばに次世代モジュール型データセンター 消費電力30%削減

つくばに次世代モジュール型データセンター 消費電力30%削減

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2008年度に開始したグリーンITプロジェクトにおける成果の一つとして、省エネ技術を結集したことで大幅に消費電力を削減でき、かつ、節電運用が可能な「次世代モジュール型データセンター」を産業技術総合研究所つくばセンター内に構築した。

これまで開発してきた省エネ基盤技術である「高電圧直流電源技術」「サーバー液冷技術」「グリーンクラウド運用技術」「データセンターモデリング・評価技術」に、今回新たに開発した「外気導入技術(特許出願中)」を組み合わせ、エネルギー利用効率を最適化し、総消費電力を従来に比べ30%削減できることを検証する。また、商用電力の供給量が制限された際に、制限内で効率良くデータセンターの運用が行える運用技術の開発も目指す。

同センターの特長は、以下の通り。

【1】液冷を用いたファンレスサーバー

空気よりも熱伝導率が高い液体を用いて、熱をサーバー室内に排出せずに効率的に除去する手法を採用。今回新しく開発した液冷ジャケットを既成品サーバーに装着し、大部分の熱を冷却液によりサーバーから除去することで、サーバー内蔵ファンの多くが不要となり、消費電力削減を実現。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.