> > ホンダ、HV「CR-Z」に同社初のリチウムイオンバッテリー搭載

ホンダ、HV「CR-Z」に同社初のリチウムイオンバッテリー搭載

記事を保存
ホンダ、HV「CR-Z」に同社初のリチウムイオンバッテリー搭載

ホンダは、先進的なデザインや爽快な走りで好評なハイブリッドカー(HV)「CR-Z」をマイナーモデルチェンジし、9月28日に発売した。国内の同社HVでは初となるリチウムイオンバッテリーの採用によるモーター出力の向上、力強い加速を瞬時に実現できる新開発の「PLUS SPORTシステム」の搭載など、走行性能と燃費性能をさらに進化させたのが特長。価格は236万5000円~。国内の月間販売台数450台を目指す。

同車は、リチウムイオンバッテリーを採用し、従来型のニッケル水素バッテリーに比べ、約1.5倍の電圧を発生することでモーター出力を向上し、より力強い走りを実現。また、高回転・高出力化した1.5L i-VTECエンジンを採用。さらに、エンジン内部の抵抗の軽減や、発電頻度の低減、CVTの効率向上などにより23.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

このほか、8連LEDポジションランプや新デザインのフロントバンパー、リアディフューザーなどの採用により、エクステリアをさらに洗練。17インチ軽量アルミホイールと、専用サスペンションチューニングにより、コーナリング性能と乗り心地を高い次元で両立させた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.