> > 味の素スタジアムに、屋根と太陽光発電を両立するモジュールが導入

味の素スタジアムに、屋根と太陽光発電を両立するモジュールが導入

 印刷 記事を保存

サンテックパワージャパンは、東京スタジアムが運営する東京都調布市の「味の素スタジアム」に、ガラス建材型太陽光発電モジュール「LightThru™」を納入した。ガラス建材型の単結晶タイプ「LightThru™」1540 枚で、総設置量は219kW。スタジアムの南サイドスタンド側を覆うように設置されており、屋根の役割を担いながら、太陽光発電として機能する。モジュールは2 枚のガラスの間に太陽光発電セルを挟んだ構造で、セルとセルの隙間から光を取り込み屋根の下でも自然光の届く明るい空間を実現した。

味の素スタジアムは2013 年に開催される「スポーツ祭東京2013」に向けて、競技場内部の整備をはじめ、太陽光発電システムの導入、壁面緑化などの環境対策が行われ、今年3 月に竣工した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.