> > ダイキン、世界初、温暖化係数が低い省エネ冷媒HFC32をエアコンに採用

ダイキン、世界初、温暖化係数が低い省エネ冷媒HFC32をエアコンに採用

記事を保存

ダイキン工業は、冷媒による環境影響を軽減するため、従来の冷媒HFC410Aに比べて温暖化係数が約3分の1の冷媒HFC32を同社の空調機に採用する。今秋から順次発売する国内向けルームエアコン全機種への採用を皮切りに、今後はグローバル各国ならびに業務用空調機器への展開を図る。

同社は、冷媒開発から空調機開発までを行う唯一のメーカーとして、自然冷媒やHFC冷媒などの次世代冷媒候補を総合的な観点で検討した結果、ルームエアコンや業務用空調機器用途ではHFC32が最適な冷媒だと考え、世界に先駆けて冷媒転換を決めた。

HFC32はHFC410Aと比較して、温暖化影響が低いことに加え、エネルギー効率が優れていることから、機器使用時のエネルギー起因による温室効果ガスを抑制できる。また、空調機1台当たりの冷媒量の削減や、省冷媒にともなう熱交換器などの要素部品のコンパクト化といった利点を持つ。また、HFC32は単一冷媒のため、混合冷媒のHFC410A(HFC32とHFC125の混合)に比べ冷媒の組成を気にすることなく、充填、回収、再生(リサイクル)が行えるため、将来的に実現を目指している冷媒のリサイクルにも適している。

さらに、HFC410Aと圧力などの性質が似ているため、冷媒転換に伴う空調機の施工設備の変更が不要で、HFC410Aが主流の日本およびその他先進国では、HFC32に転換しやすい環境が整っている。

現在、空調機に不可欠な冷媒について、地球温暖化抑制の観点から、より温暖化影響の小さい冷媒の選定が急がれており、国際的な場で多岐に渡る議論が行われている。先進国ではすでにHCFC冷媒からオゾン層破壊係数ゼロのHFC冷媒に転換済みだが、現行のHFC410A冷媒の温暖化影響が問題になっている。一方、新興国では、未だHCFC冷媒が主流となっている。モントリオール議定書(1987年)で定められた2013年から始まるHCFC全廃に向けた生産消費量規制が迫っており、次世代冷媒選定が急がれ、HFC32やプロパンガスが次世代候補冷媒にあがっている。

同社はこれまでも、様々な国際会議の場で冷媒選定に必要な情報提供や有識者との意見交換の場を設けるなど、HFC32の普及に向けた議論と認知活動を重ねてきた。さらに、2011年9月には、各国がHFC32空調機を普及しやすい環境を整えるべく、同社が保有する「HFC32を使用した空調機の製造・販売に不可欠な基本特許」を途上国に対して無償開放している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.